テキストだけじゃない!こんなに楽しい韓国語を簡単に覚える方法

韓国語は英語みたいに学校で習うわけでもないし、いざ興味を持ってみたけど、何もわからない状態からのスタート。

 

ハングル文字は読めるようになっても、意味がわからないから何が書いてあるのかさっぱり・・。

 

でも、日本人にとって韓国語は覚えやすい言語なんですよ。

まずは日本語に似ている特徴を知って、韓国語を簡単に楽しく覚えていきましょう。

 

 

韓国語の単語や文法を覚える

まず、韓国語と日本語との共通点は、語順が同じ事です。

 

英語だと、単語はわかっているのに、文章が長くなればなるほど、どういう順番で話したらいいか、わからなくなりませんでしたか?

私は教科書の勉強だけでは、さっぱりわからなくなりました。

 

でも、韓国語は日本語で言いたいことをそのままの順番で韓国語で言えばいいんです。

 

ということは、単語と文法さえ覚えれば話せるようになるのは簡単ということです。

 

まぁ、単語も文法もいくら覚えてもきりがないくらいあるので、努力は必要です。

最初は簡単な文法のテキストを、覚えるまで何度も繰り返すこと。

付属の音声教材を聞きながら発音も確認。

 

始めたころは音声を聞いても早くて「今どこ読んでるの~」と見失うことも多かったです。

でも続けているうちに、目で追えるようになるし、同じ速さで発音できるようにもなりますよ。

 

 

漢字語を覚える

次の共通点は、韓国語も、漢字由来の言葉がたくさんあります。

基本的に、1つの漢字には1つの読み方が割り当てられています。

なので、漢字語の単語を何語か覚えていれば、芋づる式に知らない単語でも漢字の組み合わせで読み書きができるんです。

 

勉強を続けていれば知らない単語が出てきても、辞書を調べなくても漢字に当てはめたら意味が分かった!ということが、多くなってきますよ。

 

 

いろいろな韓国語に触れるて覚える

 

ここまで読んで、「結局覚えなければならないんじゃないか!」と思うかもしれませんが、やっぱり近道はありません。

 

続ければ続けるほど、つまずくポイントもたくさんあります。

それでもやめないで続ければ、一つ一つ山を越えていきます。

続けるということが、覚えるのに一番必要なことです。

 

基礎をある程度積み上げたら、自分の楽しめる方法で、なるべくたくさんの韓国語に触れてみましょう。

 

韓国語の勉強はテキストだけではありません。

ドラマや歌、雑誌の記事、インタビュー動画、絵本、小説。

日記を書いたり、インスタを挙げるときに韓国語でコメントを書いたり。

何でもかんでも韓国語に結び付けて、実行してみましょう。

自分の興味のあることだけではなく、いろいろな物に興味を持ってチャレンジしてみてください。

 

twitterやインスタをよく見るという人は、短い文や文法などを毎日呟いてくれているアカウントもあります。

これなら、タイムラインに流れてくるので自然に目に入りますよね。

 

 

ちなみに、私が今テキスト以外で実践していることは、

 

・ドラマを見て、「日常で使えそう!」と思うものをメモ。

 

・雑誌の記事を訳す。

 

・ドラマの小説本を買って来て、それを訳す。

(最終的に1冊の翻訳本になるように、ノートに清書してます)

 

・韓国で買ってきたエッセイを読む

(意味がわからなくても調べず読み進める)

 

・インスタに韓国語のタグやコメントを付けてアップ

 

・韓国のファンカフェ(ファンサイト)を見たり書き込んだり。

 

・通勤時に音声教材を聞きながら、口パクシャドーイング

(シャドーイングとは、音声に少し遅れて真似して言うこと)

 

・アプリでウェブトゥーン(ウェブマンガ)を読む

 

・ネットで韓国のテレビ番組を見る(当然字幕なし)

(好きな俳優が出るドラマは、日本放送まで待ちません!)

 

・手帳・日記を韓国語で書く

 

 

やりたいことがたくさん!

暇さえあれば、韓国語に触れています。

 

たぶん、学生の子供たちよりも勉強時間が長いと思います(笑)

仕事の時以外は、一日中韓国語漬けと言っても過言ではありません。

 

まとめ

・語順が同じだから、まずは単語や文法を覚える

・漢字語を覚える

・韓国語にできるだけたくさん触れる

 

まだまだ中級の私ですが、ドラマもインタビューもファンミでも、大体なんて言っているかわかるようになったし、雑誌やネットの記事も辞書を引かなくてもほぼ読めるようになりました。

 

でもまだ「大体」「ほぼ」と、完全ではないです。

完全を目指して日々楽しみながら努力しています。

 

語学はやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまうんですよね。

せっかく始めたからには、楽しく続けていきましょう!

 

 

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です