勉強の順番を間違えてませんか??韓国語の覚え方の正しい順番とは

韓国語を勉強したいと思ったきっかけは何ですか?

「韓国ドラマのセリフが聞き取れるようになりたい」や「韓国人の友達と話したい」はたまた「韓国の文化が好きだから」などなど理由は人それぞれだと思います。

 

そんな中「やる気はあるのになかなか上達がみられない…!」とやきもきしている人も多いのではないでしょうか。

語学の勉強で覚えることってとっても大変ですよね…

でもでも!覚える順番さえ間違っていなければ、上達は実感できます!

 

ですがそれは「勉強の順番」を間違ってさえいなければ…です。

何からどう勉強していいかわからない状態で順番を間違ってしまうと見事に挫折してしまいます…!

 

「なんだそんなこと知ってるよ」と思うかも知れませんが、上達するには「勉強の順番」を意識しながら学習することが重要なんです!

 

そこで今回は独学から韓国語の勉強を始めた筆者が韓国語を覚える「勉強の順番」についてお話していきます!

 

 

コレがないと始まらない!韓国語の基礎、ハングル文字を覚える!

まずは韓国語の基礎、ハングルを覚えましょう♪

語学は何でも文字を読み書きできなければ始まりませんよね?

 

もちろん文字を覚えるときは机に向かってばかりじゃダメですよ!

「書いて暗記する」も大事ですが「聴いて覚える」ことの方が重要です!

 

残念なことに筆者はこの基礎中の基礎を曖昧に流してしまったために発音にあまり自身がありません泣

 

いざ「韓国語を話す」となった時にここで勉強した基礎が生きてくるので、耳で聴きながらハングル文字をマスターすることを超おすすめします!

 

↓独学者におすすめ!

ハングル文字の発音を動画で確認♪

 

 

韓国語を話すにはソースが必要!単語を覚えて語彙力アップ!

ハングル文字をある程度覚えてしまったら次は単語を覚えて語彙力をアップしていきましょう!

単語を覚えないうちには話すことはできませんからね!

 

ここで筆者がおすすめするのは単語帳を買わないこと!

正直言ってお金の無駄です!

もちろん筆者も単語帳は買ったことがありません!

単語帳を覚えたところで、覚える過程で必ず行き詰ってしまいます…。

それは実際にいつも自分が使う単語でなかったり、実生活や会話に出てこないものだったりするからです。

それでは意味がないですよね。

 

既存の単語帳を覚えるより、日々自分が使っている単語を辞書で調べたり、学習の中で分からない単語を調べたりして自分で単語帳を作る方がはるかに効率的で覚えも早いです!

 

ちなみに筆者は語彙力がなくて言いたいことが言えなかったという経験がありますが、芋づる式に単語を覚えることで語彙力がアップしました!

すべての単語に通用することではありませんが、日本人であるということを強みに「漢字語」を芋づる式に覚えました!

「それってどういうこと?」となると思うので、例をあげておきます!

 

例: 연국(英国) → 국민(国民) → 민법(民法) → 법학(法学) → 학과(学科)…

という感じで、しりとりのようにして覚えることで単語の幅が広がりました!

 

 

日本語と似ている?韓国語の簡単な文法を覚える!

単語の次、というよりも単語学習と同時進行で学習してほしいのが「文法」です。

韓国語って実は英語や中国語と違って、日本語と文法が似ているんです。

そのため欧米人よりも日本人の方がはるかに文法を理解しやすいと言われています。

 

筆者も語学堂時代にクラスメイトに欧米の方が数人いましたが、みんな揃って文法が苦手だと嘆いていました。

一方、日本人クラスメイトで文法に苦戦している人はあまり見られませんでした。

 

まずは簡単な「てにをは」(助詞)から覚えてみてください!

韓国語と日本語の語順が一緒ということに気付くはずです!

 

 

まとめ

1、韓国語の基礎、ハングル文字を覚える!

2、単語を覚えて語彙力アップ!

3、簡単な文法を覚えて活用してみる!

 

今回は筆者が韓国語学習をしてきた中で学んだ韓国語の覚え方の正しい順番についてご紹介しました!

何といっても諦めないことが大事です!

勉強の順番を意識しながら学習することで上達を感じることが出来るはずですよ!

 

 

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です