実践すると全然違う?!韓国語の基本、ハングル文字を覚える3つのコツ

「ハングル文字」を読めるようになりたい!

そう思うきっかけって何ですか?

 

ハングル文字が読めるようになったら好きな韓国の芸能人やアイドルの名前が読めるようになる!

そんな些細なことでも嬉しいものです♪

 

でも韓国語の文字「ハングル」って初めて見る人にとっては呪文や暗号に見えてしまいますよね。

筆者は耳から韓国語に触れて興味を持ち独学を始めたのですが、初めてハングル文字を見た時は「何だこの象形文字は…全部同じに見えるぞ…」と固まってしまいました笑

 

ですが文字が覚えられないからって諦めるのはもったいないです!

筆者も覚えるのに苦労しましたが、勉強には根気とコツが必要です!

 

韓国語の勉強を諦めそうになっているそこのあなた!

独学から韓国語を勉強し始めた筆者が今だから言えるハングル文字の覚え方を伝授しちゃいます!!

 

 

【韓国語の基本】まずはハングル文字を音で聴け!

 

なんでも覚える時って眺めているだけでは頭に入って来ないですよね。

何度も書いて覚えるのは途中で飽き飽きしてしまいます。

筆者が一番大事だと思うのは、まず音でハングル文字に触れてみることです。

 

「書くよりも先に聴く」です!

 

それはなぜかというと、韓国語をいざ「話す」となった時に、間違った「発音」で覚えてしまっていては元も子もないからです…。

その後の成果に大きく繋がってくるので、発音を聴きながら暗記してみてください!

 

ハングル文字の発音を聴くにはやっぱり動画がオススメです。

口の動きも確認できますからね!

動画は見るだけではなく一緒に声に出してみたり、音を覚えたら何度も何度も発音してみてください!

書いて覚えるのはその後です!

 

そういう積み重ねでハングル文字に対して抵抗感がなくなったり、自然と身についていたりするものです!

 

↓ 独学者におすすめ!ハングル文字の発音を動画で確認♪

 

↓ こちらもハングル文字の仕組みを理解するのにおすすめですよ~♪

 

 

 

【韓国語の基本】好きな曲を何度も聴いて歌え!

筆者が独学でよくしていた勉強法がこれです!

「これって勉強なの?」ってなりますが、好きなアーティストの曲って好きだから何度も聴いちゃうし、口ずさんだりしちゃいますよね?

そういった「好きだから」を利用した勉強法って大事です!

 

好きな曲だからテンションも上がるし、勉強のモチベーションも上がるというものです。

騙されたと思って好きな曲を聴いて一緒に歌ってみてください!

意識することで全然変わってきますよ!

 

筆者はあまり歌が上手い方じゃありませんがストレス解消にもなるし良いですよ~!

近所迷惑にならない程度で歌ってみてください♪

 

また歌ってみるだけじゃなくて、合わせて歌詞を書いてみることもおすすめします。

 

 

【韓国語の基本】日本語をハングル文字で書け!

日本語をハングル文字で書く練習をしてハングル文字に慣れましょう!

家族の名前、ペットの名前、身の回りの物などなど…目につく物をハングル文字で書いてみましょう!

 

筆者は、覚えたての時は読み書きできるようになったのが嬉しくて、付箋に書いては貼って書いては貼ってを繰り返していました笑

あまり調子に乗りすぎると、お部屋が付箋だらけになってしまうので要注意ですよ!笑

 

「日本語をハングル文字で書くってどういうこと?」と思うかもしれないので例を上げておきますね♪

例:

はな → (ハ) (ナ)

椅子 → (イ) (ス)

テレビ → (テ) (レ) (ビ)

ありがとう → (ア) (リ) (ガ) (ト) (ウ)

 

こんな感じです♪

日記をつけている人なら、日記の日本語をハングル文字にしちゃうという手もあります!

最初は時間がかかりますが、段々と慣れてきますよ!

 

 

まとめ

  • まずはじめにハングル文字を音で聴くことが大事!
  • 好きな曲を聴きながら一緒に歌ってみる!
  • 簡単な日本語をハングル文字で書いてみる!

 

今回は筆者が実践していたハングルの覚え方をご紹介しました。

何度も言いますが、覚えるのって何でも根気とコツが必要です!

実践するのとしないのとでは覚えが全然変わってきますよ!

 

今回ご紹介した覚え方を是非実践してみてください~!

 

 

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です