韓国語で簡単な文章を書く方法!今度こそ使える韓国語を身に付けよう

単語は少しずつ覚えてきた。

そうしたら次は文章を書けるように、言えるようになりたいですよね。

でも、いざ文章を作ろうとすると意外と難しいと感じるかもしれません。

 

最初は何からどうすればいいのか。

簡単な文章を作れるようになる方法をお知らせします!

 

 

韓国語も、助詞を使えば文章になる

単語だけを言っても、言いたいことは通じます。

「トイレ どこですか?」でも通じますよね。

 

けれど、助詞を覚えると文章になります。

「トイレ(は)どこですか?」

 

まずは、基本的な助詞を覚えましょう。

 

「~は」→ 는/은

「~が」→ 가/이

「~を」→ 를/을

「~と」→ 와/과

「~で」→ 로/으로

※前の単語に パッチム無/パッチム有 です。

 

まだまだありますが、とりあえずこれだけでも覚えるとグッと文章らしくなりますよ!

 

韓国語は日本語と語順がほぼ同じなので、単語と助詞を覚えたら文章を作るのは簡単です。

あとはひたすら語彙力を伸ばすのみ!

(これが大変なんですけどね・・)

 

 

 

習った文法を使った文章をまるごと覚える

テキストで習った文法を使って文章を作ってそのまま覚えてしまいましょう。

テキストの例文でもいいけれど、自分で考えた例文を作ってそれを暗記するんです。

 

自分で作った文章は身近だし、文章を考えたり単語を調べたりと苦労した分、記憶に残るはずです。

暗記する時は、何回も何回も自然に口から出てくるまで音読すること!これに尽きます。

 

実は私はテキストの練習問題はよくできるんです。

決まった文法を使って、穴埋めをするとか、どっちが正しいか選ぶとか。

 

でも先日ショックな出来事が・・・

先生が、テキストと同じ質問を口頭でしてきたら、全く答えられなかったんです

文字で見たらわかるけど、何も見ないと口から出てこない。

それでは、テストは解けるかもしれないけれど会話はできないってことですよね。

 

使えない韓国語・・・これじゃぁ英語の二の舞です!!

すごくショックで、どうしたらいいか考えました。

 

やっぱり答えは音読しかないという結論です。

自然に口から出てくるように、音読頑張りましょう!

 

 

日記を書いて文章の練習

日記は文章の練習に最適です。

簡単な一文でもいいので毎日日記を書いてみましょう。

書くことは何でもいいです。

その日の出来事、映画やテレビの感想、などなど。

 

私も最初はこんな感じでした。

 

「今日は友達と映画を見ました。とてもおもしろかったです。

ランチをしました。とてもおいしかったです。」

 

小学校1年生の時の絵日記みたいな文章ですよね(笑)

でも韓国語は1年生なんだからこれでいいんです。

いきなり高度な文章が書けるはずはありません。

 

それでも毎日続けていれば、少しずつ長い文章や、複雑な感想が書けるようになってきますよ。

私もまだまだ小学校高学年くらいの文章ですけどね。

少しずつ、進歩しているのは感じることができます。

 

紙に書くのが難しいなら、SNSに短い文章を載せてみるのもいいですね。

もしかしたら、韓国の人が見てくれて会話のやり取りができるかもしれないし、間違えたところは直してくれるかもしれませんよ。

 

 

まとめ

 

・まずは助詞を覚えて文章にする

・文法を使った作文をして、まるごと暗記(ひたすら音読!)

・日記をつけてみる

 

最初は短い文章から。

段々長い文章が書けるようになってきます。

日記にその日習った文法を使って文章を書いたら、一石二鳥ですね。

 

せっかく勉強しているのだから、韓国語を使いこなせるようになるのを目標に、がんばっていきましょう!

 

 

 

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です